ホーム > バストアップ

バストアップ

コンデンスリッチ豊胸

当院の豊胸術 コンデンスリッチ豊胸術とはどのようなものでしょうか? コンデンスリッチとはアメリカFDAの認可を受けた脂肪再生の最新の治療法。コンデンスリッチファット協会の認定を受けたクリニックでしか施術ができない技術です。 採取した脂肪を外気に触れず遠心分離にかけ、しこり、石灰化や脂肪壊死の原因になる不純物を除去し、このコンデンス(濃縮)技術で生成されたキレイな脂肪を注入する方法です。自分自身から摂取し不純物を取り除いた、健康でかつ質の高い脂肪だけをを利用したコンデンスリッチ豊胸は、胸が小さい、授乳後にしぼんだ、シリコンバッグを入れたけど不安、そんな悩みに対して、 自然にバストアップできるとして注目の治療法です。また、コンデンスリッチ豊胸のメリットは、痩せ型から肥満型まで、あらゆる体型の人が利用でき、定着率は80%。石灰化は0%、さらに手術時間も従来の脂肪注入法と比較して半分以下と体へ負担が軽く、安全性が高いものとされています。

さらに詳しい内容はこちらをご覧ください


〜ひとりひとりの症状に合わせた、オーダオーメイド豊胸術〜

「今よりもバストを大きくしたい」「出産や急激なダイエットによってハリを失ってしまった」「バストをもとどおりにしたい」「加齢で垂れたバストを改善したい」「生まれつき左右差が生じたバストを整えたい」など、バストに関する悩みは女性なら誰でも感じること。一番街総合診療所では、まず患者さんとよく話し合い、体格、現在の乳房の大きさと形を診察します。その上で、医学的見地から現実可能なことと不可能なこと、手術を受けるにあたってのリスク、問題点などをすべて説明いたします。傷跡の目立たない自然な仕上りを約束いたします。

豊胸術の仕組み

●バイオセルバッグによる豊胸術
マックギャン社のバイオセルバッグはバリアコートという特許により、バッグを3層構造にしてシリコンの濡れを防止し、非常に破れにくい構造になっています。さらに表面はバイオセルという組織適合性に優れた特許技術のテクスチャード加工により被膜拘縮を予防するワンランク上のバッグです。
image1image2

 
バイオセルバッグの特徴

・マクガン社製のシリコンジェルバッグは、2つの特許により高品質でありながら高い安全性を誇るバッグです。
・特殊なバリアコート・テクノロジーによりシリコンジェルの浸透と拡散を抑えることができます。
・表面がザラザラな膜で覆うテクノロジーにより、マイルドな細胞付着を促し、皮膜拘縮の発生を抑えます。
・今までにたくさんのマクガン社製人工乳腺バッグが使用されており、全世界で約50%のシェアを誇っており、多くの患者様やドクターから高い支持を受けています。
・アメリカだけでなく、欧州最高安全基準も取得しているので、世界各国で販売・使用が認められています。

中身の安全性

バイオセルバッグは、形成外科の胸部形成分野で技術力と信頼を世界で認められたマクガン社で開発されました。マクガン社の人工乳腺バッグは、医療基準の厳しい米国でも数多くの豊胸専門医から支持されています。

耐久性・自然な感触

マクガン社のバイオセルバッグは、中身を覆う皮膜が三層構造になっています。マクガン社特許の「バリアコート」により、従来のバッグに比べて、耐久性に優れ、中身が漏れ出す心配がありません。また、中身が軟らかいため立ったときや寝たときのバストのライン、バランスや感触がとても自然です。



手術のポイント

カウンセリング&検査

豊胸手術を受けるにはどんな条件をクリアする必要があるのでしょうか?
 手術前は必ずカウンセリングと検査を受けていただきます。カウンセリングでは、現状のチェックや手術方法の確認、術後の説明などを行います。同時に、尿検査、血液検査を受けていただき、手術を受けられる健康な状態かどうか調べます。検査の結果、安全に手術することができない、術後のリスクが高くなると判断した場合は、手術が行われない場合もあります。

手術中の麻酔

麻酔の扱いを間違えると命にもかかわることも。麻酔の知識も持ってください。
 手術は全身麻酔、あるいは硬膜外麻酔を併用して行います。麻酔方法の選択は、基本的には担当医および麻酔科医の判断にまかせていただきます。ただ、どちらの麻酔方法でも眠っている間に手術は終わりますので、痛みはまったくありません。

術後のケア

 
術後24~48時間は、個人差があるものの比較的強い痛みを感じる時期です。特にインプラントを大胸筋下に挿入した場合は、乳腺下に挿入した場合に比べ、痛みがやや強い傾向にあります。痛み具合によって、内服薬や座薬を処方し、痛みを和らげられます。 胸部は3日から1週間のあいだは強めに圧迫をします。これは血腫形成を予防するためです。仕事をしている人は、事務系など運動量が軽度であれば、2~3日で復帰が可能なことが多いようです。ワキの創部の抜糸は1週間後です。
 
 
テクスチャー・タイプ(表面に小さな凸凹をつけたもの)のインプラントが主流です。したがってマッサージは不要です。以前のような苦痛を伴うマッサージはもう必要ありませんし、硬くなる確率も20~25%からわずか1.8%とかなり低くなりました。
 
 初めの1ヵ月はインプラントの位置が適切であるかを確認するため定期的に何回か通院していただくこともあります。術後1ヵ月以降は、術後半年くらいまで基本的に月1回程度(6ヵ月~12ヵ月までは2ヵ月に一回)、経過観察のために来院していただきます。ワイヤー入りのブラジャーは、経過にもよりますが、2ヵ月はひかえてもらっています。
  
豊胸術は体内に異物を入れるデリケートな手術です。そのため当クリニックでは、手術を行うにあたって患者様に術後に起こりうる事例について十分な説明をし、患者様に納得・同意していただき、手術に望んでいただくようにしております。  

豊胸術の概要

手術時間60分前後
通院回数手術日、3日目、7日目(抜糸)、1ヶ月~12ヶ月(検診)
回復までの期間3ヶ月前後で80%仕上り、12ヶ月で100%仕上り
アフターケア仕上りまで
カウンセリング当日の治療不可(術前検査必要)
入院の必要性時として入院必要なことあり
制限事項スポーツ、飲酒は2週間は不可
仕事・外出翌日よりほとんどのケースで可能

お悩みベツで選ぶ
アクセスタイトル

■住所
福岡県久留米市東町25-30
MYMファーストステージ2F

■受付時間
9:00~20:00

■電話番号
0120-170-052

お問い合せはこちら アクセスはこちら
アクセスタイトル

■住所
福岡県久留米市城南町2-30
クリーンリバービル4F

■受付時間
9:00~18:00

■電話番号
0942-46-0170

お問い合せはこちら アクセスはこちら
QRコード